【打撃講座】重心移動の基礎

打つ時に体重移動が必要。軸足にタメた力をバーンとボールに当てていく。こんなイメージが体重移動。わかるようなわからないようなイメージ。そこを分析していきましょう。

体重移動と回転の関係性

身体の動かし方の法則を確認しましょう。

【体重移動した方向に身体を回転させやすい】

下の写真を見てください。左に回転したい場合、左足に体重を移動した方が回転しやすくなります。逆に右足に体重を乗せると身体があまり回転しません。

「軸足にタメた力をバーンとボールに当てていく」これは、体重を移動させると身体が回りやすくなるのでしっかりとバットを振れるようになる。だから体重移動は重要なんです。

軸足の動きをピックアップ

軸足にスポットを当てて体重移動を見ていきましょう。元プロ野球選手の軸足の足の動きの連続写真です。

「こんな動きしてるんだ」って思った人多くないですか?昔は軸足の母指球でぐるっと回れ!!なんて言われた人もいるかもしれません。足の内側で押してるイメージになります。映像で見てみましょう。

ミートの瞬間はつま先立ち

上の映像で注目してほしい点は、ボールとバットがミートする瞬間。軸足は、つま先しか地面に着いていない!!力強く振りぬこうとすると、軸足で踏ん張るイメージがありませんか?体重移動しているのでミートの瞬間はつま先立ちになります。

下の写真は、ミートの瞬間踏ん張る感じです。こと形でのミートは、体重が後ろすぎになります。身体が回転しない選手の特徴的な軸足です。

つま先立ちEX

ミートする時つま先立ち!!といっても意識するのは難しい。そこで矯正法としてつま先を引きづりながら打つ練習をします。

注意点としては、骨盤が回るからそれに引きづられて、足が引きづられるイメージです。骨盤が回らず足のつま先だけ引きずる選手がいます。次に踏み込んだ脚のつま先の向きです。ピッチャー方向につま先を向けたほうが骨盤が回転しやすいので、上手くいかない選手はつま先の向きを工夫してみましょう。

まとめ

今回の重心移動の練習は、体重が後ろに残りすぎる選手の矯正法です。イメージは、初級ぐらいを意識しています。中級や上級になると股関節の使い方や足の引きづり方など変わってきます。ミートの時に軸足で踏ん張っている選手用の方法ととらえてください。「ミートする時につま先立ち」これは不変な事実です。

TOP