【守備講座】腰を落とすとは?

エラーすると「腰が高い」って言われませんか?「低く・低く」・・・・。捕球時の重心の位置は低くはわかりますが、実際にどんな姿勢で重心を下げたらいいのか?メタゲート分析班の西山さんに聞いてみます。

聞き手:高橋塁

西山さん!
守備の姿勢で「腰を落とせ」と言われます
実際に腰を落とすと動きづらいので
結局ワンハンドが楽でワンハンドで捕ってしまいます

下の写真を見てください。どちらがいい捕球姿勢だと思いますか?
右の写真は元東北楽天ゴールデンイーグルスの内村賢介さんです

それは、右の内村さん・・・・
こんな捕球姿勢をしたいです

「腰を落とせ」といわれて動きづらくなるのは、左の中学生のパターン
ケツが落ちています
ケツを落とすと重心が後ろになってるでしょ

ホントだ~
重心が後ろだから動きづらくなるんですね

内村さんを見てください
ケツが上がっています
ケツを上げて重心を低くするのがベストな捕球姿勢です

しかも
ケツを上げるとグラブが下がりやすくなり
ケツを下げるとグラブは下げづらくなります

わかりやすい

この姿勢だと捕球した後、スムーズに重心を前・左右にもっていけます
「グラブは下から上」
よく言われませんか?
ケツが上がった姿勢だとスムーズにできるようになります

これケツが後ろだと、体重が後ろにかかりすぎていて「下から上」にグラブを動かしづらいですね

ショートバウンドで捕球しやすいと言われますが、これもケツが上がっていないとスムーズにできません
ショートバウンドはグラブが下から上に動くことが必須ですからね

守備が下手な選手って、ショートバウンドで捕球できませんよね
守備は基本的な姿勢が重要ですね

TOP