【打撃講座】身体を使って振りぬくコツ

身体を最大限に使ってスイング。メタゲートで一番最初に体感してもらう項目です。身体を使ってスイングと言われても抽象的でわかりずらい。やみくもに思いっきりスイングしても上手くいきません。コツが必要です。

元プロのスイング

まずは、元オリックスバファローズの高橋浩司さんのスイングを見てみましょう。力強いスイング!!そんな印象を受けます。

どこを使えばいいの?

身体全体を使ってスイングする。具体的にどこを使えばいいのでしょうか?身体の中で大きく回転するのは「背骨」と「股関節」になります。この2つの部分をどれだけ回転させるかが、身体を使ったスイングの入り口になります。

背骨の回し方

もっと背骨を動かせ―!!って言っても無理です。この部分が上手く使えている選手には共通点があります。振り抜きの位置です。振り抜きの位置が高い傾向にあります。実際に写真の位置に振りぬいてください。「こんなに高く振りぬくの~」って感じます。

なぜ振り抜きの位置が高いか?

背骨を回転させるには、振り抜きの位置が高い方が回転します。実は、回転させる方法はもう知っていますラジオ体操で子供のころ「小さく・・・小さく・・・ 大きく・・・ 大きく・・・」身体を大きく回すときは、腕を売り上げます。小さく回すときは下になります。

振り抜きの位置を比較

下の写真を見てください。振り抜きの位置が低いと身体が回転していません。振り抜きの位置を高くすることが身体を回転させるコツになります。

振り抜きの位置を映像で確認

最後に高橋浩司さんの振り抜きを映像で確認しましょう。身体を回すには振り抜きの位置!!

まとめ

振り抜きの位置を変えるだけで身体はかなり回ります。一度振り抜きの位置を高くもって行ってください。回そうとしなくても回ります。

TOP